お知らせ

御位牌について

 

こんにちは。昨日は雪が積もりましたが、今日は暖かい日中となりましたね。

 

本日、御位牌の注文を承りました。

少し御位牌にまつわるお話をしたいと思います。

葬儀に用いる白木の御位牌は四十九日までの仮の位牌です。

身近な人が亡くなった場合には本位牌に作り替えなくてはなりません。

白木の御位牌は、四十九日法要の際に菩提寺に納め、新しくお作りになった御位牌に住職から魂入れをしていただきます。

魂入れをしていただくことによって、故人の魂の入った真の御位牌に変わります。

御位牌には、戒名と亡くなった没年月日、俗名、行年(享年)を入れます。

戒名入れの手法には宗派による決まりごとはありませんので、彫り文字(素彫)もしくは彫文字(金入り)、

あるいは書き文字のお好みの文字入れを選ぶことができます。

 

当店の御位牌は≪国産≫です。

海外で作られたものとは異なり、長年の経験と伝統に裏打ちされた日本人ならではの几帳面な、

緻密な仕事で作成されたものをご用意いたしております。

原材料である高級木材を3~5年もの間十二分に乾燥させ、彫刻や塗装、研磨などの全部で15工程を踏んで

ようやく出来上がるのが日本製高級位牌です。

大切な故人を祀るものですので、国内の職人の手によって作られた、質の良いものは安心ですね。

戒名の文字入れにはおおよそ2週間前後かかりますので、まずはお早めに相談していただくことが必要となります。

 

営業時間 >>>9:00~17:00(3月~9月は18:00まで営業)

定休日  >>>出雲店:木曜日     松江店:火曜日

電話   >>>出雲店:0853-23-2951 松江店:0852-25-3589